結婚をすることはいいことか残念なことか

一時の感情で、この人は運命の人だと考えて、結婚にまで至ります。
本当に一生を共にして大正解な相手なのでしょうか。
結婚したてのころは、それぞれの趣味志向が違っていて、考え方の相違につながります。
喧嘩したり、家出したり、軽い暴力をはたらいたり、別の環境で育った人間が、一つの屋根の下で、長い期間を過ごすのですから、ぶつかり合ったりストレスを感じたりするのは当然です。
そのうち子どもが生まれ、子はかすがいと言いますが、クッション材となってくれます。
でも、お互いの欠点も受け入れ、良さも認めながら、長い人生を大切に守りながら進めていくのが夫婦です。
ですから、結婚の前に全てがあるのではなく、結婚はスタートのきっかけで、その後から作り上げていくものと言った方が正しい認識だと考えます。
人間の魂は、神様か何かに導かれ、この世で修行するといいますが、夫婦のたましいは近い所に元々いたのかもしれません。
共に修行の旅に出てきているのかもしれません。

sub置換